消費者*金*融/即日借入ナビ速報

Just another WordPress site

rainbow

銀行のカードローンは低金利で便利

カードローンで有名なのはやはり消費者金融ですが、消費者金融の場合金利が高いというデメリットがあると考えている人も多いでしょう。実際に消費者金融の金利は最高金利が18%程度に設定してある場合がほとんどですから、決して安くは無いと言えるかもしれません。これは金利を高くすることによってリスクを軽減しているためだと言われています。
一方銀行のカードローンは消費者金融に比べて金利が安く設定してあるため、同じだけお金を借りた場合でも返済金額を少なくすることが可能になっています。
銀行によって金利の設定には大きな差があるようですが、平均してみると最高金利も最低金利も消費者金融よりは確実に低く設定をされているようです。最高金利の平均が14%程度、最低金利が3~4%程度ですから、特に少額利用者の場合には銀行のカードローンを利用したほうが負担が少なくて済むと言えるかもしれません。
銀行が金利を低くできる大きな理由は、消費者金融よりも審査を厳しくして確実に返済を行なえるであろう人だけに融資を行っているからだと言われています。審査の基準を消費者金融よりも上げることによって貸し倒れを防いでいるともいえます。
そう考えた場合、消費者金融よりもカードローンの申し込みがし難いのではと感じると思いますが、これは大手銀行や地方銀行に当てはまる事例だと言えます。
最近ではインターネットで営業を行っているネット銀行や、新規参入してきた商業施設との連携を主体にする銀行などでは、金利が安いのに審査も消費者金融並みといったサービスを率先して展開しているようです。
それらの銀行の場合、店舗を持たないことや商業施設内に店舗を構えることなどで経費を削減し、それを金利の安さと借りやすさに還元していると言われています。
申込もインターネットからの申し込みが主体ですから、店舗まで出向く必要もないですし、審査も非常に速いという利用者にとっては大きなメリットがある存在だと言えるでしょう。